キックボクシング初心者向けガイド【愛知・名古屋】

キックボクシング初心者向けガイド

《キックボクシング初心者向けガイド》大人気のキックボクシングでストレスを発散しましょう!
「日頃のストレスを発散したい!」、「全身を使った運動がしたい!」、「でも一人では続かないから誰かにサポートしてもらいたい!」と思っている方には、初心者からでも始められる『キックボクシング』がお勧めです。最近は、キックボクシングが全国的な流行になっていて初めてチャレンジする女性の方も増えています。
そこで今回は、女性を中心に流行している「キックボクシング」の基本や気になる疑問を中心に、初心者の方にも分かりやすく色々とご紹介させていただきます。
 
 
そもそも「キックボクシング」って何だろう?
「キックボクシング」に興味があるけど、実際にどういった競技なのかあまり知らない、といった方も多いのではないでしょうか。
そこでまずは、気になるキックボクシングの基本情報を成り立ちや現状について簡単にご紹介します。
 
キックボクシングの発祥は日本!
キックボクシングは、タイの国技であるムエタイを元に考案された日本発祥の格闘技です。
リングの上でパンチやキックの動作を使って行う格闘技ですが、ムエタイやK-1といった他の格闘技とは区別して考えられています。
1966年に日本で初めて日本キックボクシング協会が野口修氏により設立されたことがきっかけで、日本におけるキックボクシングの歴史が本格的にスタートしていきました。
日本で開発されたキックボクシングはその後、多くの団体が格闘技の種目として取り入れるなど徐々に注目を集めるようになり、テレビ放送で毎週試合が放送されるなど大ブームを巻き起こしました。
 
世界的にも根強いファンが多いキックボクシングの現在
そして現在、日本国内をはじめ、様々なタイトルを抱える団体が世界中に存在しています。
団体により独自のルールを設けてはいますが、昔と変わらず根強いファンを抱えるキックボクシングの人気は留まることを知りません。
さらに最近は、プロのキックボクサーを目指す方以外にも、キックボクシングをライフワークの一環として取り組む方が増えています。全身を動かして行うキックボクシングは、ストレス発散やダイエット、筋トレ、護身術などを目的に性別や年齢に関わらず果敢に挑戦できるスポーツとして人気があります。
特に、人気モデルや芸能人がキックボクシング好きを公言していることも影響してか、女性を中心にエクササイズの一環として取り入れる方が急激に増えています。
 
キックボクシングとムエタイの違いについて
初めてキックボクシングに挑戦するまえに、「ムエタイとの違い」を押さえておきましょう。
ムエタイはタイ王国の国技であり、パンチやキックはもちろん、相手の首に手を回して組みながらの攻撃を行う首相撲や、近距離でのヒジ打ちなどもOKな格闘技です。ルールは、1ラウンド3分で5ラウンド制が基本で一律されていて、勝敗を左右する評価に関してはキックやヒザ蹴りの技ほど得点が高くなります。
一方、キックボクシングの場合、ムエタイで可能とされている首相撲は禁止されています。1ラウンド3分で5ラウンド制というルールはムエタイと同じですが、団体によって独自のルールが決められているため細かいルールの違いがあります。キックボクシングの場合はどの技も均等に評価されるため、試合中に繰り出される技の種類が豊富なことからKOの確率が高く、相手へ与えたダメージが採点の基準になります。
 
キックボクシングとK-1の違いについて
「キックボクシングとK-1の違い」は、キックボクシングが様々な技でノックアウトを狙い試合を行う格闘技であるのに対し、K-1はボクシングやムエタイ、キックボクシング、空手などの格闘家が集結して、その中で最も強い選手を決める立ち技系の異種格闘技のことを指します。
K-1は、格闘技を示す「K」と無差別級や格闘技のナンバー1を示す「1」を掛け合わせて考案された日本発祥の格闘技です。K-1にはさまざまな格闘技の立ち技要素が含まれていることが、キックボクシングとの大きな違いといえます。

 

おすすめの店舗

ザ・ボディ・ボックスは、性別、年齢、過去の運動経歴を問わず、本格的に身体を鍛えたい人のためのファイティングスペースです。
キックボクシング未経験者の方や女性でキックボクシングを始めてみようと思われている方におすすめのキックボクシングジムです!





  

おすすめの店舗

ザ・キックスターズジャパンは、運動初心者を対象としているため格闘技はもちろんのこと、他のスポーツ経験も全くない方でも、何の問題もありません。
尚、プロのトレーナーによる指導を受けられるので本格的にキックボクシングを習いたい方にも是非おすすめです!