キックボクシング初心者向けガイド【愛知・名古屋】

キックボクシング初心者向けガイド

《キックボクシング初心者向けガイド》強くなれるだけじゃない!究極の全身運動・キックボクシングで心身ともに自分磨きを!

「ストレスを発散したい!」、「全身を使った運動がしたい!」、「一人では続かないから誰かにサポートしてもらいたい!」、「痩せたい」、「強くなりたい」と思っている方には、今巷(ちまた)で大人気の『キックボクシング』がお勧めです。

芸能人や有名モデルらが始めたことで人気に火が点き、最近ではキックボクシングが全国的な流行となっています。以前は男性だけのスポーツと思われていたキックボクシングも、今やキッズや女性、更にはシニアの方にまで認知が拡がり、初めてチャレンジする方が非常に増えています。

そこで今回、巷で流行の「キックボクシング」について、基本情報や気になる疑問を中心に、分かりやすくご紹介させていただきます。
 
 
そもそも「キックボクシング」って何だろう?
「ボクシングとどう違うの?」「パンチとキックの他に、何ができるの?」等、キックボクシングに興味はあるけど、実際にどういう競技なのかあまりよくわからない、といった方も多いのではないでしょうか。
そこでまずは、気になるキックボクシングの成り立ちやルールを、現状を踏まえ簡単にご説明します。
 
キックボクシングの発祥はタイ! 
キックボクシングとは、タイの伝統的国技・ムエタイがその元となっており、パンチ、キック、肘打ち、膝蹴りを使って勝敗を競う格闘技です。“立ち技最強”と言われる通り、あくまでも立ったまま行い、投げ技や寝技、関節技等はありません。
かつてタイでムエタイを観戦した、日本の興行(主に芸能やボクシング)プロモーター野口修氏は、その競技性にすっかり魅了され、「日本でもムエタイを流行らせたい。」と考えました。
しかしムエタイという名称では、競技の特性がわかりにくいと考え、改めて日本人にもわかりやすく、キックボクシングと名付けました。(なので競技内容としては、ほぼ同一です。)
 
日本ではじまったキックブームが、世界に飛び火
その後野口氏は、日本国内でキックボクシングの興行を促進すべく、1966年日本キックボクシング協会を設立し、同時に日本におけるキックボクシングの歴史がスタートしました。
野口氏の興行手腕もあり、その後キックボクシングは爆発的な人気を得るようになりました。TV民放各社は、試合放映を競い合う中、沢村忠等の国民的スター選手も生まれ、同時にその人気は世界中に飛び火しました。特にアメリカでは、ベニー・ユキーデ等の実力選手が登場し、日本人トップ選手との対戦が望まれました。
しかし、そうしたスター選手の引退に伴い、人気は次第に下降し、その後長らくキックボクシングは低迷の時期を迎えます。
 
K-1をきっかけに、ブーム再来。キックボクシングの現在(いま)
1990年代、フジテレビ系列の人気格闘技番組K-1の放映が始まると、再びキックボクシングが脚光を浴びるようになりました。K-1とは、キックボクシング、空手、カンフー等打撃系格闘技の各頭文字「K」に由来するもので、それらのナンバーワン(「1」)を決めるというものです。ルールは、キックボクシングでは有効とされている、肘打ちや(組み合った状態からの)膝蹴りがなくなり、安全性をアピールしながら、素人にもできる限りわかりやすく整備されました。
K-1の登場以降、キックボクシングのルールも興行主によって少しずつ変化し、多様化していきました。
しかし、主にキックとパンチで勝敗を決するという、格闘技本来の醍醐味は変わりありません。
むしろ安全性を重視し、素人にもわかりやすくルール整備されたことによって、昔からの根強いファンに加え、新たなファン層を開拓し、現在のキックボクシング人気に繋がっています。
 

おすすめの店舗

ザ・ボディ・ボックスは、性別、年齢、過去の運動経歴を問わず、本格的に身体を鍛えたい人のためのファイティングスペースです。
キックボクシング未経験者の方や女性でキックボクシングを始めてみようと思われている方におすすめのキックボクシングジムです!





  

おすすめの店舗

ザ・キックスターズジャパンは、運動初心者を対象としているため格闘技はもちろんのこと、他のスポーツ経験も全くない方でも、何の問題もありません。
尚、プロのトレーナーによる指導を受けられるので本格的にキックボクシングを習いたい方にも是非おすすめです!